teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


 投稿者:くぅ  投稿日:2011年10月12日(水)00時47分39秒
返信・引用
  ①まずは生命保険における告知の意義やその重要性について認識していたいだくことが重要であり、次のことをお客さまに分かりやすく伝えることが重要である。生命保険は多数の人々が保険料を出し合って、相互に保障しあう制度である。したがって、初めから健康状態の良くない方や危険度の高い職業に従事されている方がご加入されると、保険料負担の公平が保たれない。ご契約にあたっては、過去の傷病歴(傷病名・治療期間等)、現在の健康状態、身体の障がい状態、職業等について、告知書で当社がおたずねすることについて、事実をありのままに正確に告知していただく必要がある。ということだ。
また、乗換・転換時の告知義務の更なる周知として、一般の契約と同様に告知義務がある。そして「現在のご契約の解約・減額を前提とした新たなご契約」の場合は「新たなご契約の責任開始日」、「転換契約」の場合は「転換契約の責任開始日」を起算日として、告知義務違反による解除の規定が適用されるとある。
②営業職員に口頭で告げることなで告知が完了したとの誤認識等への対応として、より分かりやすい表現で告知受領権がないことを明示することが必要と考えられる。
ただし、告知受領権という言葉はお客さまに馴染みがない言葉なので、当社の職員は告知受領権がなく、当社の職員に口頭でお話しされても告知していただいたことにならないと説明する。
これらを補足する資料として、告知サポート書面の資料がある。当社の商品・引受基準・事務形態を勘案した上で作成されている。告知サポート書面は、被保険者への重要事項説明等のタイミングで営業職員が説明することが望ましいとされている。また、それらの帳票を確認して説明を受けたことを確認の上で申込書、告知書等に署名いただくなど、その対応が確実に行われる体制とすることが望ましい。
③契約確認・保険金給付金確認の更なる周知
不告知による保険金不正取得目的での加入等への牽制の趣旨も含めて、告知に関する契約確認・保険金給付金確認の周知も必要と考えられる。例えば、当社の確認担当職員または当社で委託した確認担当者が、ご契約のお申込後または保険金・給付金等のご請求および保険料のお払込みの免除のご請求の際、ご契約のお申込内容またはご請求内容等について確認させていただく場合がある旨の説明だ。
③傷病歴等の告知に関する問題
傷病歴がある場合は保険は一切引受けてもらえないという認識によって、不告知のケースを防ぐための説明として、
・特別条件付での引受制度があること
こちらの説明としては、傷病歴がある場合でも、その内容やご加入される保険種類によってはお引受することがある。お引受できない場合も当然あるが、「保険料の割増」「保険金の削減」「特定部位不担保」等の特別条件をつけてお引受できる場合があることを説明する。
次に、お客さまが告知をしやすい環境を整えるとともに、告知内容についての確認・点検することが望ましい。
(1)告知関係の照会先の設定
お客さまが告知の判断に迷われた際や、告知に関する営業職員の説明・行為に疑問があるケースには、直接照会いただける窓口を設定し、連絡先(電話番号)を記載し、お客さまからの照会に確実に対応できる体制を整える。当社では告知書フリーダイヤルの番号を記載して、告知に迷われた際の照会先としている。
(2)告知書の封緘提出
営業職員に告知内容を知られたくないケースの対策として、確実にお客さまが告知書記入後に、営業職員の開封を禁じた専用封筒に封緘する必要がある。または、健康管理証明書等は告知記入面にシールを貼る等の対応が必要と考えられる。
 

レンタル掲示板
/1