投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


オールドフィールド=女性ヴォーカル

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2020年 1月26日(日)05時03分57秒
    バリー・パーマー>
 確かに「線が細い」の感は否めないですね。ジョン・アンダーソンもマイクのアルバムで歌っていますが、正直あんまり印象に残っていませんねぇ…。
 やっぱり、マイク・オールドフィールドのヴォーカル=女性ヴォーカルというイメージがあります。「誰がベストでしたか?」と聞かれれば、マギー・ライリーと言うことになりますね。

 フラワーキングスライブ、良かったようでなによりでした。ラスト、ヘイ・ジュードの大合唱と言うのは面白いですね。イーリングコモンさん、フルマラソンがんばってください。
 

フラワーキングスライブ

 投稿者:イーリングコモン  投稿日:2020年 1月25日(土)23時01分30秒
  いいライブでした。ロイネはギターもボーカルも良かったし、ハッセはショーマンで盛り上げてくれました。最後はなぜかヘイ・ジュードで大合唱。
ライブ後は、コロンさんとコロンさんのお友達おふたりと一緒に反省会。あぁお酒が美味しい、でも明日はフルマラソン~、朝起きれるかな(^_^;)
 

青春のプログレベスト10

 投稿者:J'rat  投稿日:2020年 1月25日(土)21時01分55秒
編集済
  たかけらくださん、コロンさん、ありがとうございます。

やはり人それぞれ違っていて面白いですね~。プロファイリングみたいです。(^_^)
イエスひとつとってみてもなかなか一致しないものですね~。素晴らしいです。

ジャケットを拾い集めてまとめてみますので、少々お待ちください。
お二人はLPではなくCDの時代かもしれませんね?

>マイク・オールドフィールド、
 クライム・オブ・パッションの12インチシングルはなぜかわが家にもありました。
 バリー・パーマーのボーカルは確かにちょっと線が細いですね。特にこの曲では...。(^_^;)

https://youtu.be/ZmcJCIHXlCg

 

バリー・パーマー

 投稿者:トリアン加藤  投稿日:2020年 1月25日(土)13時55分50秒
  クライシスにバリー・パーマーが参加していたのは知っていました。いいボーカリストとは思いますが、ちょっと弱いですよね。  

Talk

 投稿者:たかけらくだ  投稿日:2020年 1月23日(木)04時53分17秒
  FromNiigatさん

ご無沙汰しております。
こちらこそ、引続き宜しくお願い致します。
20年前、オフ会でカンタベリーの話題で盛り上がりましたね!
プログレ好きの方はいても、カンタベリーまで聴いてる方はなかなかお見掛けしなかったので
嬉しかった記憶があります。

皆様の王道、CAMEL率が高くて嬉しいですね。
あと、GENESISも人気ありますね。
個人的には、ピーガブ脱退後のアルバムが好きなのですが、Dukeと迷いました。

YESを初めて知ったのが高校2年の時でしたが、ちょうどTalkが発売された時でしたね。
94年の11月だったか、来日したので行こうと思いましたがS席が当時で9000円で
17歳の私には大金で行けませんでしたw
 

ARW

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2020年 1月23日(木)04時09分26秒
   ARWのライブが見れないのは残念ですね。2017年の来日公演、私は入院中で行けなかったのが残念です。
 先日、遅ればせながら「LIVE AT THE APOLLO 2017」を購入して聴いたのですが、「流石あの3人は凄いわ…」と思いました。中でもやっぱりリックですね。ソロで来日公演を聴いた時感じたのですが、リックの存在感、オーラは圧倒的で、「流石リック、やっぱり凄いわ…」と再認識した次第です。

 コロンさんのプログレ10選>
 YESの「Talk」が挙げられているのが嬉しいですね。内容が素晴らしいのにセールス的には…のナンバー1は断トツでTalkだと思っています。Rick Wakeman/The Six Wives Henry VIIIも納得ですね。Arti+Mestieri/Tiltが入っているのには「流石だなぁ…」と思いました。あのドラムはやっぱり凄いですよね。そしてここでもキャメルが…。キャメルの評価の高さってやっぱり凄いと思いました。
 

今年のライブ

 投稿者:イーリングコモン  投稿日:2020年 1月22日(水)20時07分37秒
  コロンさん、ARWの情報ありがとうございます。期待していただけに残念ですね。本家本元のYesは来るのかな?
5月は、ドリームシアターとスティーブハケット連戦です。楽しみです。
今週末は、フラワーキングのライブ。いく方がいらっしゃればいいですが。。。
 

ARW

 投稿者:コロン  投稿日:2020年 1月22日(水)12時05分9秒
編集済
  リックが2020年後半からツァーをするようなことを言ってましたが、ほぼ無くなりそうです。
ジョンもリックもソロツァーを続けるようですし、Trevorは映画音楽に戻るのではないかと思います。
(それはそれで喜ぶべきことでもありますが、やはりツァーを見たかったです)
ナショナルトレジャー1、2はトレヴァーが映画のスコアー、
ナショナルトレジャー3が映画化されるようです。音楽のクレジットはまだ見当たりませんが、多分トレヴァーになるのではないかと・・・・
 

プログレ10選

 投稿者:コロン  投稿日:2020年 1月22日(水)11時58分43秒
  1995年にBon Jovi、Eaglesときいて、
それからTrevor Rabinの映画音楽アルマゲドンからYESを聴き始めました。

1. Yes/Talk
2. Trevor Rabin / Can't Look Away
3. Genesis/ Selling England By The Pound
4. Steve Hackett/ Wolflight
5. Camel/ Snow Goose
6. Rick Wakeman/The Six Wives Henry VIII
7. ASIA / 時へのロマン
8. Arti+Mestieri/Tilt
9. U/K./U.K
10. Porcupine Tree/ Deadwing
ーーー
プログレではないけれど、外せないのが、
Eagles/Hotel California
Don Henley/The End of The Innocence
Jon Anderson / 3SHIPS
 (3ShipsはTrevorが参加で、東京中のCDショップを探しましたが見つかりませんでした。後ほどネットで)
 

キャメル人気

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2020年 1月21日(火)16時54分20秒
   たかけらくださんご無沙汰しておりますが、これからもよろしくお願いします。
 当然のようにキャメルが入っていますが、ベスト10に挙げた方多数、本当にキャメル人気ありますね。私は所謂カンタベリー系ではハットフィールドが好きなのですが、もう少しアルバムをリリースして欲しかったと言うのが本音です。
 たかけらくださんのベスト10ではクリムゾンのデシュプリン、イエスのドラマが入っているのが注目でしょうか。
 皆様がベスト10に挙げたアルバムをまた聴き直してみたいと思います。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:たかけらくだ  投稿日:2020年 1月21日(火)13時39分6秒
  今年初の書き込みです。
こちらに書き込みする度に「ご無沙汰しております」と挨拶してますね。。。

青春のプログレ10選ですか!
私は完全に後追い世代ですので王道から外れているかもしれませんが、
厳選してみました。

①Camel/Breathless
②Gentle Giant/Three Friends
③Caravan/In the Land of Grey and Pink
④Hatfield And The North/The Rotters Club
⑤Soft Machine/Volume Two
⑥Genesis/A Trick of the Tail
⑦King Crimson/ Discipline
⑧Yes/Drama
⑨Gong/You
⑩Arti+Mestieri/Tilt

結構王道寄りになってしまいました。
被っている方も多いかと思います。
私、キーボード弾くのにELP、UKが入っていないですねw
 

バリー・パーマー

 投稿者:ふらじゃ  投稿日:2020年 1月19日(日)10時19分14秒
  先日、レコードを整理してたら
マイク・オールドフィールドの12inchシングル「CRIME OF PASSION」が出てきました
買ったことすら忘れていたのですが、聞いてみると声に聞き覚えが・・・
クレジットを見たらバリー・パーマーでした。
参加してるアルバムは持ってますが、シングルまで持ってたとは思いませんでした
 

アトール

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2020年 1月13日(月)02時28分53秒
    昨日はイーリングコモンさんが青春のプログレベスト10に挙げていたアトールの「夢魔」を聴いていました。やっぱり超名盤ですね。(フランスのイエスと呼ばれていたのには不同意ですが…。)

 確かキングレコードのヨーロピアンプログレシヴロックコレクションシリーズの第2弾として1800円でリリースされたと記憶していますが、このシリーズを企画してくれたたかみひろし氏には感謝するしかありません。

 しかし皆さんの挙げた青春のプログレベスト10にキャメルのアルバム結構入っているんですね。カンタベリー系に入ったのが遅い自分を恥じるばかりです。自分が好きなキャメルのアルバムは「ライヴ・ファンタジア」です。
 

合掌

 投稿者:にいはお  投稿日:2020年 1月12日(日)17時08分15秒
  叩いている姿は、鉄人と言う言葉が
これほど似合うドラマーもいないんじゃないかと
個人的に思っていました。
トリオ編成バンドの宿命ですが、これでラッシュも
もう拝めないのか。

まだ若いのに。ひたすら合掌。
 

イーリングコモンさんの青春のプログレベスト10

 投稿者:J'rat  投稿日:2020年 1月12日(日)15時52分12秒
  ラッシュのドラマー、ニール・パートさんの訃報は今朝の新聞にも載っていてびっくりしました。大きなニュースになっていましたね。

イーリングコモンさんのベスト10のジャケット画像をまとめてみました。

こうして見るとオフ会で拝見した高校時代の写真の10枚とはずいぶん違っていますね。なんでもあちらは女性向だったとか...。こちらが本格派のベスト10ということでしょうか?

「童夢」や「夢魔」それにピーガブの「IV」なんて通好みですもんね~。(^_^)

前回と比べると、ウィングス、イーグルス、スーパートランプ、ジョン・アンダーソンとカンサスがなくなっていて、ジェネシスの「静寂の嵐」が「トリック・オブ・ザ・テイル」に入れ替わっています。

どうしてなのか気になりますね~。

さてこれで一通り終了ですが、まだの皆さんもこの企画に乗ってみてはいかがでしょうか?

sphinxさんやにいはおさんの青春のベスト10も知りたいと思いませんか?
トリアン加藤さんはすごくたくさんお聞きなので大変かもしれませんが、良かったらまとめて教えてください。

コロンさんはプログレを聴き始めたのが遅かったとのことですが、最近でもいいのでベスト10を教えてください。トレバー・ラビンとスティーヴ・ハケットとリック・ウェイクマンだらけになるのでしょうか? でもスティーヴン・ウィルソンのポーキュパイン・ツリーとかも出てきそうですね。

こうしてみなさんのベスト10を勝手に想像するのも楽しいですね~。(^_^)

そして今気付いたのですが、トリアンヴィラートを上げたのが、私ひとりという事実です...。やっぱりマイナーだったんですね。(T_T)
 

前哨戦

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2020年 1月12日(日)14時04分2秒
   トリロジー>
 私も良いアルバムだと思うのですが、B面が好き嫌いが分かれるような気がしますね。
 最高傑作はやっぱり「恐怖の頭脳改革」なんでしょうね。続くのは「タルカス」かな。「ラブ・ビーチでしょ」って言うのは0票でしょうね、やっぱり。「四部作」のD面、私結構好きですが…。

 地元で「前哨戦」としましょうか>
 嬉しいです。ホイトルさんよろしくお願いします。
 

青春のベスト10

 投稿者:ホイトル  投稿日:2020年 1月12日(日)09時49分10秒
  ありがとうございます。
なんだか照れますね。

ELPは「頭脳改革」が最高傑作だ、と思ってはいるのですが、
聴くのにパワーが必要な感じで
愛聴盤は「トリロジー」なんです。

FromNiigataさん、では地元で「前哨戦」としましょうか

http://hoitoru.web.fc2.com/root/gate1.htm

 

紀州の駱駝さん、ホイトルさん。

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2020年 1月12日(日)02時51分1秒
   大学在学中に友人の影響でラッシュの大ファンになっています…>
 え~、紀州の駱駝さんそうだったんですか。次会ったとき時のテーマはラッシュですね。カンタベリーについては教えを乞うしかないと言う感じの私ですが、ラッシュだったらほぼ対等に会話できる自信はあります。次は紀州の駱駝さんと会ってラッシュをテーマに熱く語りたいです。

 昨日はラッシュ聴きの一日でしたが、ハードロック、プログレ、ポリス・インスバイア、グランジ…と動きながら、演奏すれば全部ラッシュ…を実感した次第です。やっぱりあの3人は偉大でした。

 ホイトルさんの青春のベスト10>
 個人的には「炎」と「トリロジー」が目に行きますね。渋い印象ですが、両アルバムとも素晴らしいアルバムだと思います。
 「イエスショウズ」はクリスのベースソロだけでも買う価値があると思っています。あのベースソロは最高です。キャメルがしっかりと入っているもの流石ホイトルさんと言う感じでしょうか。
また地元で会って(酒でも飲みながら)プログレ談義出来れば…と思っております。その節はよろしくお願いします。
 

ホイトルさんの青春のベスト10

 投稿者:J'rat  投稿日:2020年 1月11日(土)23時05分32秒
  ニール・パートさん、67歳で亡くなったんですか? まだ若いのに...。
忘年会でライブ動画を見たばかりでしたね。
ご冥福をお祈りいたします。

気を取り直して、青春のベスト10の日本盤ジャケット集、今回はホイトルさんの番です。

一位がピンクフロイドの「炎(あなたがここにいてほしい)」。「狂気」の陰に隠れがちですが良いアルバムですよね~。ELPは「トリロジー」というのも通好みで渋いですね。

あと、こっそりイエスが2枚入っているのは反則です。(^o^)
 

悲しいです

 投稿者:紀州の駱駝  投稿日:2020年 1月11日(土)23時04分54秒
編集済
  ニールパートさんのご冥福をお祈りいたします。

高校生時代には聴いてなかったのですが、大学在学中に友人の影響で大ファンになっています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000012-asahi-musi

 

/124