【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


火の鳥etc

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2022年 6月27日(月)06時13分45秒
   昨日は地元のクラシックホールりゅーとぴあに行って東京交響楽団のコンサートに行ってきました。プログラムはチャイコフスキーの交響曲第4番とストラヴィンスキーの火の鳥(1910年版)だったのですが、火の鳥が終わると自分の頭の中でやっぱりシベリアン・カートルが鳴りましたね。火の鳥は自分が一番聴いたクラシックの曲なのかもしれません。

 無職となった私、ジャズも聴くこともあってコンサートに行きまくっています。去年は173回、今年は現在77回でしょうか。新潟にあるドイツビールのお店モルゲンロートさんには昨年243回、今年は現在141回ですけど…。
 家でプログレ名盤を大音量で聴いて、コンサート、ジャズライブに行って、ドイツビールを飲みまくる生活…、一時は精神病院に入院していましたけど、正直、今が人生一番ハッピーって感じです。体はちっと不自由ですけど…。

 キャラバンのコンサート行きたいですね。行くとしたらやっぱり17日の土曜日でしょうか。紀州の駱駝さんと会ってカンタベリーの魅力を教わりたいです。
 

Re: Re ASIA IN ASIA

 投稿者:J'rat  投稿日:2022年 6月26日(日)21時32分50秒
  ありがとうございます。
映像の方はリマスターでも限界があるんですね。
CDはリミックスで素晴らしいんですね~。ちょっと悩ましいです...。(^_^)

>紀州の駱駝さん、
 今のところキャラバンは17日の土曜日に参戦する予定です。
 会場でお会いいたしましょう!
 

Re: ASIA IN ASIA

 投稿者:紀州の駱駝  投稿日:2022年 6月25日(土)22時35分46秒
編集済
  恥ずかしながら、ここの掲示板を読むまでは、この情報を知りませんでした(汗)。
皆さんのご意見を参考に、取り敢えずCDのみを購入してみようと思います。アンコールが収録されていないのが残念ですが、CDを聴いて'83.12.9の大坂公演を思い出せれば、と期待しています。

話は変わりますが、今年の9月17,18両日のCaravanのチッタでのライヴ、チケット確保できました。ですので、Yesのライヴは残念ながら断念いたします(悲)。
もし、17,18日のどちらかのライヴに行かれる方がいらっしゃいましたら、是非ともご一緒したいと願っていますので、よろしくお願いしますm(__)m
 

ASIA IN ASIA BOX SET 素晴らしい…。

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2022年 6月25日(土)10時14分29秒
   ASIA IN ASIA  BOX SET昨日届きました。まず31.5cm×31.5cmのLPサイズのケースにびっくり。ジャケットはロジャー・ディーンさんが2021年に描いたみたいですけど、CDサイズのジャケトに慣れていたので新鮮でしたね。
 これだけで「ありがたや、ありがたや」状態でしたけど、来日公演の復刻パンフレット、当日の復刻チケット、スタッフパス、日本語解説ブックレットも入っていてマジ感動しました。

 肝心のブルーレイ1枚とCD2枚の方ですが、ブルーレイの映像の方は「まぁ、しょうがない…」って感じですけど、CDの方は文句なしと言うか、メチャクチャ音良いじゃないですか。びっくりです。本当に素晴らしい…。

 まだ数回しか聴いていないですけど、全体を通してグレック・レイクの健闘ぶりが印象的ですね。まぁ、コアなエイジアファンは「やっぱりヴォーカルはウエットン」なんでしょうけど…。(異論はありませんが)グレッグ・レイクのベース スタインバーガーですけど、結構響いていますね。各プレイヤー個性を出して良い演奏してますね。大満足です。

 近くオーディオシステムを組みなおすので、本CDをマスターディスクの1つにしたいと思います。このような作品をリリースしてくれて嬉しいです。交通事故で死ななくて本当に良かったです。(体はちょっと不自由ですけど。)ありがとうございました。
 

Re: ASIA IN ASIA

 投稿者:ホイトル  投稿日:2022年 6月24日(金)23時54分24秒
  画質はですねぇ.......(沈黙)

音はいいですよ。リマスターじゃなくてリミックスですから
2公演分のマルチトラックの音源がバッチリ残されていたわけです。
 

Re: ASIA IN ASIA

 投稿者:J'rat  投稿日:2022年 6月24日(金)11時49分31秒
  みなさんボックスセットを買われるとは、さすがですね~。

MTVで中継された映像がBlu-rayで付いているそうですが、画質はいかがでしょうか?

ASIAのサイトでちらっと出ているのは16:9の横長にカットされていてロジャーディーンの絵が装飾で付いていますが、演奏の映像自体はあまり鮮明ではありません。

「Here Comes The Feeling」 (Live at the Budokan, Tokyo, Japan, 1983) [2022 Remaster]
https://youtu.be/0-ht1Vm7-EA

BOXセットのBlu-rayもこれと同じものでしょうか?

思い起こせば当時買ったビデオはVHSではなくベータマックスでした。
まさかと思って探したら本棚の奥から出てきました...。(^_^;)
(デッキを処分してしまったので見られないのが残念です)

閑話休題。
ともあれ、今回のBOXセットでリマスターされて飛躍的に映像がきれいになっていると良いですね...。

元がフィルムだと4Kにも匹敵するくらい美しくなるんですが、テレビカメラ収録だからリマスターしても粗いですかね~?
 

ASIA IN ASIA

 投稿者:  投稿日:2022年 6月23日(木)08時21分24秒
編集済
  わたしはこの時のライブはとても好きです。
なんといっても私にとって初ELP&YESでした。
Greg Lakeはいつになく頑張っていたと思うのですが...。
で6日と7日はラジオ放送用LPとかLDや衛星放送音源がありますが、
”こんなチープな音だったっけ?”と感じていました。
実際はもっとKeyは分厚かったし、Gtrは弾きまくってたし、Bsはずしんとしていたと記憶しています。
今回の音源はその違和感を解消してくれるものでした。
でも、曲のキーを変えたり、意外と細かいところでちょっとしたミスも多いので、
そんなところにイラっとする方にはおススメできないのかなとも思います。
 

ASIA IN ASIA

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2022年 6月22日(水)23時16分54秒
    ASIA IN ASIAリリースされたんですね。さっそく国内版ポチさせていただきました。私は西新宿でVHS買ったと思います。いろいろ言われた作品でしたけど、結構私は好きでしたけどね。しかし、いきなりエイジアに入ったレイク大変だったでしょうね。歌詞もカンペだったみたいだったですし、キーも低いですし…。とにかくボックスくるの楽しみです。

 エイジア、産業ロックとか「金の為に魂を売った」とかプログレマニアからボロクソ言われていた記憶がありますけど、ウエットンのソロを聴くと、「ウエットン、バンドとしてこれがやりたかったんだろうなぁ~」って感じで、私は当時から好意的だったですね。

 やっぱりアルバムで言えばファースト(邦題の「詠時感~時へのロマン~」って凄いですね)ですかね。アルファは「ハウのギター全面撤退、ダウンズ出過ぎだろ」って感じでしょうか。アストラは自分にとってイエスの「トーク」とともに「売れなくて残念アルバム(涙)」ですね。結構良い曲は入っているのに…。
 その後のダウンズ主導のアルバムは良く分かりませんと言うか、ほとんど印象に残っていません。
 「ライヴ・モスクワ 09-XI-90」は結構好きなアルバムです。スターレスや土曜日の本も入っていますし…。

 無職になった私、時間たっぷりなので、またじっくりエイジア聴いてみたいと思います。
 

ASIA IN ASIA

 投稿者:ホイトル  投稿日:2022年 6月22日(水)22時00分31秒
  私は買っちゃいました。高い国内版のボックスを(笑)

何を隠そう、私はしばらく「エイジア否定派」だったので、
むしろエイジアを見直したきっかけがこのライヴでした。
レンタル屋からVHSビデオを借りてきて観たらとても良かった。

それがきっかけでウェットンのエイジアも良さがわかったのです。
(今でもアルファには不満ありですが)

ともあれ、レイクは上手く歌ってますし、バンドの演奏もいいです。
「ロックの用意、いいですか?」
 

ASIA IN ASIA

 投稿者:ふらじゃ  投稿日:2022年 6月22日(水)16時13分23秒
  ASIAファンにはあまり評判の良くない83年の武道館ライブです
何故か40年近く経ってリリースされました。国内版は映像付きの豪華版なのですが
私が買ったのは輸入の1CD版ですが...
出だしのMTVアナウンスから懐かしさ満載です。当時の映像がいろいろよみがえりました。
今更ですがウエットンの代わりがレイクだなんてプログレファンからすれば贅沢な代役でしたね
今では二人とも故人なのが時間の流れをかんじます
あ、だからリリース出来たのかな?このライブ盤
 

アラン&GTR

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2022年 6月17日(金)00時52分28秒
   昨日はLive It Is YESをずっと見ていました。アランとクリス、もうどちらもいないんですねぇ…。ふぅ。

 GTR、ふらじゃさんの書込み読んで、自分も聴こうと思ったのですが、CD見つからない…。リレイヤーは4枚もあるのに…。今度ちゃんとCD整理してみたいと思います。
 

アラン

 投稿者:トリアン加藤  投稿日:2022年 6月16日(木)11時38分12秒
  追悼で色々聴こうと思いながら、まだ海洋地形学しか聴けていません。そこで、プラスティック・オノ・バンドのアルバムを買ってみました。アランのドラミングはいい感じとは思うのですが。ヨーコの奇声ばかりが気になってしまいました。  

GTR

 投稿者:ふらじゃ  投稿日:2022年 6月12日(日)18時40分22秒
  二人のスティーブが作ったアルバム「GTR」を久しぶりに
ヘッドホンを使って大音量で聞きました
まぁ改めて凄いアルバムですね
いろんな音色のギターが重なり合って音の隙間が感じられないです
二人のギター合戦の様にもなってて
お互いをリスペクトしつつもさらに上を目指そうという姿勢が見えます
これを曲に纏められたのは、プロデューサーのジェフ・ダウンズの手腕なのかも知れません
アルバムを聞いてホッとしたのがお互いのソロ曲と言うのが
凄さを示していると思います
 

Re: Re: 9012Live

 投稿者:J'rat  投稿日:2022年 6月 8日(水)11時02分34秒
   ヴァンゲリスとアラン・ホワイトのアルバムをぐるぐると聴いて過ごしているうちに、関東は梅雨入りしてしまいました。
 プログレ・ファンの涙雨でしょうか...。

>9012Live: The Solos
 あぁ、すみません! このアルバムは持っていませんでした~。
 ビデオがあるからいいやと思って買わなかったようですが、中身は別物だったんですね。
 慌てて中古盤をゲットして聴きましたが、これは良いですね。クリスのソロとアランの絡みなど、聴きどころがいっぱいでした。

>9012Live (video)
 このビデオでのアランのドラミングは本当に凄いですね。まさに人が変わったようです。
 このビデオもオマケのインタビューがありますね。

 別人と言えば、yessongsのビデオでのアランは長髪でカッコよかったです。Yesに入って数年で「髪の毛維持」ができなかったのは相当な苦労があったのでしょうか?

 相次ぐ盟友たちとの別れ。ジョン・アンダーソンの心中を察すると胸がかきむしられるようです。ジョンちゃん、気を取り直して頑張って欲しいですね。
 

アラン・ホワイト

 投稿者:  投稿日:2022年 6月 7日(火)12時52分36秒
  またまたお久しぶりです。
アラン・ホワイト...ご冥福をお祈りいたします。
In The Presence Ofのイントロを作るような温厚さも好きですが、
9012Live(Videoのほう)のStarship Trooperの鬼の形相でアッチェルランドするところもカッコよかったなぁと思います。
 

Re:9012live

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2022年 5月31日(火)01時27分10秒
    9012live、私も聴きました。これも20年振りくらいでしょうか。確かに泣けますね。

 アラン・ホワイトがイエスに加入した当初はクリス・スクワイアが難色を示した…みたいに書いてあるイエス本ありますけど、個人的にはスクワイア&ホワイトのリズムセクション凄く良かったんじゃないでしょうか。(ブラッフォードはやっぱりウエットンとのプレイの印象が強いですね。)

 クリスのインタビューの中に「ホワイト加入後は少なめにプレイするようになった」みたいなこと言っていますけど「あれでですか…」って気がしちゃいますけど、まぁ、クリス・スクワイア基準ですからね。(苦笑)私のベスト・ロック・ベーシストはクリス・スクワイアです。(ドラマーはボンゾです。アラン・ホワイトさんスイマセン。)
 

9012live

 投稿者:ホイトル  投稿日:2022年 5月30日(月)21時47分25秒
  今日はこれを聴きました。

このライヴ(ミニ)アルバム、
冒頭アランがリズムを叩き出すと
「on drums, ALAN WHITE」とジョンのMCでHold Onがはじまる。
そのうえ最後Whitefishが終わると
ジョンはクリスを紹介、そして最後にアランを紹介。

最初と最後がアランの紹介というアルバムなのだ!
泣けますよ!

 

アラン・ホワイト

 投稿者:ホイトル  投稿日:2022年 5月28日(土)23時22分29秒
  イエスサウンドを支え続けた偉人でしたね。

イエスのメンバーには癖の強い人が多かった様子ですが、
アランはみんなとうまくやれた温厚な人だったように思います。

大変残念です。ご冥福お祈りします。
 

Re:アラン・ホワイト訃報

 投稿者:紀州の駱駝  投稿日:2022年 5月27日(金)19時28分29秒
  ヴァンゲリスさんに続きアランさんも…(悲)
残念でなりません。

私にとっては、まずは「イマジン」でのドラマーとして認識してて、その後Yesの現ドラマーなんだと知って驚いた記憶があります。
今晩は、Yesをいっぱい訊いて喪に服します。
合掌
 

アラン・ホワイト訃報

 投稿者:コロン  投稿日:2022年 5月27日(金)17時21分33秒
  心から哀悼の意を表します。
安らかにご永眠されますようお祈りいたします。
本当、驚きとショックでいっぱいです。

ヴァンゲリスもご逝去残念です。
安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

ジョンは関わりのあったお二人がいなくなって寂しくて仕方ないでしょうね。
ジョン、元気でいてください。

 

/166