投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


インフェルノとレコードプレイヤー

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 5月12日(日)08時39分14秒
    インフェルノ>
 トリアン加藤さんの推すインフェルノ聴き直してみましたが、確かに良いアルバムですね。
 エマーソン節というか、各所にエマーソンらしさを感じされる仕上がりになっていると思いました。「う~ん、どうなんだろう…」なんて思わないで、ちゃんと聴かないと駄目ですね。

 レコードプレイヤー>
 実家を取り壊した時、ハードオフで処理してしまい、今やなし状態です。
 レコードが再ブームになるとは思っていませんでした。
 持っているレコードは額に入れてインテリア状態です。
 イエスの「こわれもの」と「海洋地学の物語」、マイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ」と「ハージェスト・リッジ」を飾っています。
 

エマーソンのソロアルバム

 投稿者:トリアン加藤  投稿日:2019年 5月11日(土)19時15分45秒
  私はインフェルノが一番好きです。  

レコードプレーヤー

 投稿者:ふらじゃ  投稿日:2019年 5月 9日(木)08時11分27秒
  かれこれ35年以上働いてたプレイヤーが、とうとうイカレてしまいました。
プレイして数分で自動停止してしまいます。
長尺なプログレだと1曲聞くことも出来なくなりました
今更修理に出すのもなんですので、引退してもらうことにしました
実家にあるプレイヤーを引き取るまでの数か月はレコード聞けないです
無念!
 

幻魔大戦

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 5月 9日(木)00時53分47秒
   「幻魔大戦」、私もエマーソン作の曲以外は全く記憶にないと言うか、テーマ曲の「光の天使」以外は全く覚えていないと言うのが正直なところです。「光の天使」は良い曲だと思いますが…。

 「クリスマス・アルバム」、「エマーソン・プレイズ・エマーソン」あたりは良いアルバムだと思うのですが、オーケストラを使うためにリリースしたサントラ系アルバムは、どれも「う~ん、どうなんだろう…」って感じがしますね。やっぱりエマーソンはバンドの人と言うか、ELPあってのエマーソンだったのではないでしょうか。
 

Re:ボーカロイドたちがただテッテーテレッテーするだけ

 投稿者:J'rat  投稿日:2019年 5月 8日(水)22時12分23秒
  にいはおさん、お久しぶりです! GWはバンド練習でしたか?
リンクのYouTube拝見しましたが、これから音楽はどこへ向かっていくのでしょうね~。(^_^;)

一方その頃、私は相変わらず中古のLPレコードをあさったりしています。

先日トリアン加藤さんのオフ会にお呼ばれした時に、たまたま新宿のレコードユニオンで入手した「幻魔大戦」のサントラを持っていたのですが、よく見るとこれが「ドラマ編」。加藤さんのご友人がお聴きになりたいということでロックバーでかけてもらったところ、これが見事にラジオドラマでした。残念。

そして たまたまですが、月曜日に吉祥寺のユニオンに行ったら、偶然にもO.S.T.があったんです。運命を感じましたね~。もちろん即ゲットです。昔、CDは持っていたのですが、Triumvirat米国サイトのJoeにあげちゃっていたのでした。

さっそく聴いてみたら、手放したわけを思い出しました。収録曲の半分はキース・エマーソンではなくて、日本の劇伴作家のものだったのです。

ん~、残念でした。(^_^;)
 

ご無沙汰です。

 投稿者:にいはお  投稿日:2019年 5月 7日(火)12時22分10秒
  連休はほとんどどこにも行かなかったな。

こういうの見つけました。
https://youtu.be/-iFEKeULaIo

もう、何と言うか、
手で楽器弾かなくても、
いいんじゃないかと思うくらい。
 

Reiwaとi

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 5月 3日(金)16時10分23秒
    Reiwa>
 確かに英字で書くとちょっとカッコ良いですね。だんだん慣れてきました。

 パトリック・モラーツ「i」>
 個人的にはイエスのメンバーのソロアルバムの中では一番好きですね。
 参加したムーディブルースでは「ボイジャー」で全米ナンバー1をとっていますが、脱退していますし、基本的にはやっぱりソロアーティスト向きのキャラクターなのかもしれません。
 「i」スティーヴン・ウィルソンとかにやり直してもらったらどうでしょうかね~?には完全に同意します。
 

Reiwa

 投稿者:J'rat  投稿日:2019年 5月 3日(金)12時31分12秒
  英字で書くとちょっとはカッコいい? (^_^;)

いつの間にか元号が変わっていて、最初に何を聴いたのかは定かではありませんが、きのう英国から2枚のアルバムが届いていました。

IT BITESのジョン・ミッチェルのソロプロジェクト、Lonely Robotの最新作「Under Stars」のLPと、パトリック・モラーツの「i」のリマスターCDです。

ロンリーロボットのLPにはなんとオマケでCDまで付いているという太っ腹です。LPの音とCDを比べることができますし、ウォークマンに取り込むのにはCDが便利ですね。

残念ながらこのCDは同時発売のオリジナルのCDと仕様が違うようで、ボーナストラックが収録されていませんでした。残念。このためにCD版も買いなおさないといけないのでしょうか...?

LPとCDの音質はまだ厳密に聴き比べたわけではありませんが、LPが非常に良いというほどではありませんでした。このバンドの曲はあまりLP向きではないのか、もともとデジタル録音だからかわかりませんが...。

さて、パトリック・モラーツの「i」は本人監修のリマスターということで、ボーナストラックも2曲追加されていました。でも調べてみると実は2006年にTime Wave Musicから出ていたものと同じようです。

私は当時リマスター版が出ていたことを知らなかったのですが、今回はリマスターの再発売ということのようです。なんだかな~。(^_^;)

肝心の音質ですが、ややくっきりしてリマスターの効果は感じられます。でも前から気になっていたボーカルなどの歪み感が残っていて、全体的にうるさい感じは変わりません。もともと録音が良くなかったのでしょうか...?

もう一度スティーヴン・ウィルソンとかにやり直してもらったらどうでしょうかね~?(^_^;)
 

平成/令和

 投稿者:ふらじゃ  投稿日:2019年 5月 2日(木)10時23分32秒
  昨日まで実家に帰ってました。
特に意識はしてなかったのですが、元号を実家で跨いだことになりました。
そう振り返ると、平成最後に聞いたのはキャラバンの「ロッキン・コンチェルト」
令和一発目はELPの「展覧会の絵」でした。
プログレ好きの面目躍如?と言ったところでしょうか
 

令和

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 5月 1日(水)09時34分11秒
    令和になりましたね。令和第1枚はイエスのアルバムで一番好きな「究極」
にしたいと思います。
 J'ratさん始め、皆様これからもよろしくお願いします。
 

キャラバン

 投稿者:トリアン加藤  投稿日:2019年 4月25日(木)23時32分26秒
  行きたいですが、行けません。オフ会に行ければ行きたいです。  

キャラヴァン

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 4月25日(木)01時53分20秒
      短い曲もパイさんの優しいヴォーカルがたまらない…、同感ですね。私は行けませんが、皆さん楽しんでください。
    ゴルフガールのイントロは印象的ですよね。確かに牧歌的ですが、そこが良いんですよね。
    お手数ですが、ライブレポお願いします。

    マンドリン〉
    確かにプログレ的ではないですよね~。印象にあるのはマイク・オールドフィールドのチューブラー・ベルズくらいですか。やっぱりヴィヴァルディのイメージですかね。
 

キャラヴァン

 投稿者:紀州の駱駝  投稿日:2019年 4月24日(水)22時27分23秒
編集済
  >「ゴルフガール」
トロンボーンはパイさんのお兄さんジミー・ヘイスティングさんが吹いています♪

私は「リチャードのために」「Nine Feet Undergroud」「いのししの館」「ロッキン・コンチェルト」等長尺曲やメドレーが大好きなのですが、短い曲もパイさんの優しいヴォーカルがたまらないです。
今回のライヴは「グレイとピンクの地」「夜ごと太る女のために」から名曲をフューチャー、とのことなので期待「大!」です。

2002年、お台場TLGの初来日ライヴでの感動は今でも忘れられませんです♪
7月が待ち遠しいです!
イーリングコモンさん、J'ratさん、よろしくお願いします。
 

Re:キャラバンライブ

 投稿者:J'rat  投稿日:2019年 4月24日(水)20時56分45秒
  >イーリングコモンさん、
私もキャラバンはなんだかコミカルで牧歌的な印象でした。アルバム「ピンクとグレイの地」の冒頭の「ゴルフガール」のせいだと思います。トロンボーン(ホルン?)ってプログレ的じゃないですよね~。

余談ですが、ほかにプログレっぽくない楽器というとマンドリンやウクレレを思い浮かべます。あまり好きな楽器じゃないんですが、マンドリンはヴィヴァルディの書いたコンチェルトを最近聴いて見直したところですが、やはりプログレ的ではないと思っています。

閑話休題

ともかく、キャラヴァンは本当はギターもキーボードも切れきれのジャズロックなんです。この機会に聴きなおしてみてはいかがでしょうか?

そんなわけで7月のライブは紀州の駱駝さんとイーリングコモンさん、ぜひ盛り上がりましょう!(^_^)

 

キャナリオ

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 4月21日(日)08時41分59秒
   J'ratさん、ジョン・ウィリアムズの独奏版、YouTubeで聴かせてもらいました。
 確かにロドリーゴの協奏曲よりELP版に近い感じですね。ありがとうございました。

 朝ピアノの先生に「ラヴ・ビーチ」を聴いてもらいました>
 「将校と紳士の回顧録」、気に入ってもらえたようでなによりです。まぁ、キャナリオ以外のA面5曲はアレでしょうが…。でもレイクのソロと思って聴くとそれなりに良い曲なんですよ。(完全に狂っているかな)
 後期ELP、「庶民のファンファーレ」「海賊」「将校と紳士の回顧録」(それにキャナリオ)で1枚リリースして解散していたらそれなりに評価されていたのではないでしょうか。
 

パセラ

 投稿者:トリアン加藤  投稿日:2019年 4月21日(日)07時56分2秒
  今やってる「がっちりマンデー」でパセラ秋葉原店が取り上げられていて、「歌わないカラオケ」ってまさに?  

キャナリオ→カナリオス

 投稿者:J'rat  投稿日:2019年 4月20日(土)22時51分59秒
  今朝ピアノの先生にELPの「ラヴ・ビーチ」を聴いてもらいました。

ショパンのエチュードを元にした「将校と紳士の回顧録」は気に入ってもらえたようです。
NHKのアニメでもかかっていたとはすごいですね~。

キャナリオのほうは、原曲がロドリーゴだと思ったらさらに元があると教えてくれました。バロック期のギター曲だというのです。何でもご存知...。(^_^;)

帰って調べたら、ガスパル・サンスという17世紀の作曲家が書いたギターの最初の教科書に収録された舞曲のひとつのようです。

聴いた感じはロドリーゴの協奏曲より、ELP版に近いですね。

(ジョン・ウィリアムズの独奏版がYouTubeで聴けます)
 

ショパン

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 4月20日(土)11時34分49秒
      ふらじゃさん情報ありがとうございました。「ピアノの森」日曜日見てニンマリしたいと思います。
    ショパンと言えば、大昔の少女漫画「いつもポケットにショパン」を思い出してしまいます。
    クラッシックが題材の漫画と言えば「ピアノの森」と「いつもポケットにショパン」の印象が強いです。
 

ショパン

 投稿者:ふらじゃ  投稿日:2019年 4月20日(土)10時26分50秒
  「将校と紳士の回顧録」で思い出しましたが
ちっと前NHKで「ピアノの森」というアニメをやっていて
その題材の一つがショパンだったので、テーマ曲があのピアノのフレーズなのです
いまEテレで日曜夜に再放送してるみたいなので、興味のある方はどうぞ・・・
ELPファンならニンマリされること請け合いです。
 

パイ

 投稿者:FromNiigata  投稿日:2019年 4月19日(金)10時04分57秒
      パイの歌&歌がいいんです…。同感です。
    ロッキンコンチェルトも良いですね。また聴いて見ます。個人的にはやっぱり「夜ごとに太る女」ですかね。
    トリアン加藤さんと一緒です。

    昨日はラブビーチを久し振りに聴いてみました。やっぱり良いアルバムだと思いました。(くどい)
 

/118